お金を払う講座だから、自由に取り組もう

興味の昂ぶりを抑えられず、高いお金を払ったコピーライター養成講座。 なのに開始2ヶ月で、もう意欲が下がってしまった。

講義には出るけど、毎週の課題にはまったく手が伸びない… 広告や企画のロジックを学ぶのが刺激的な一方で、クリエイティブへの関心は冷めている。

 

講座で学ぶところによると、コピーライティングは、「考えに考え抜いて、普通の言葉を作る」仕事のように思える。 誰にでも通じる普通の言葉じゃないと、大衆を動かすなんて出来ないから。

だから、作業の結果だけ見てしまうと、刺激や達成感が足りないと感じるのかも。

 

何を書きたいんだったっけ

自分は文章が好きだけど、同じ感覚を持つ人にだけ伝わる文章を愉しむことが、より好きだと思う。スラングとかもそう。

反対に、みんなに伝わる、共感される文章というのは、あまり魅力を感じないのかもしれない。

 

うん。そうだ。

「伝わる人に伝われ」「自分と同じ感覚の、愛すべき友人に届いてくれ」って軸を持って、ずっとやってきたんだった。

この際、広告コピー的にどうとか考えず、シュールに課題に取り組んだら良いかもしれない。

仕事じゃないんだから、やり方は自由だ。

 

(ツイートの内容から)