連休あけの病院おくり。

とつぜん、救急車で運ばれる事態になった。

 

ーー仕事をしていて、午後四時ごろ。

少し疲れを感じて、トイレで気分転換…と思い個室に入った途端、めまいと気持ち悪さと、ちくちくした胃痛がやってきました。酔っ払った時の気持ち悪さ(もちろん飲んでません)。

 

うーー少し頑張りすぎたか・・・と、不快感が収まるのを待っていたのですが、状況は悪くなるばかり。20分ほど耐えて、「このままではトイレで倒れる…」と確信し、たまたま入ってきた人に助けを求め、職場にある休養室へ。

 

しかし。休養室を開けてもらうため警備員さんと話をする間、状態がさらに悪化。床に這いつくばって耐える。こうなると恐怖心も加わり、「あぁ…もう…救急車お願いします…(最終手段)」。

 

救急車に乗ってからは、周りの目があることで安心したのか、だんだん回復に向かいました。ただ持ち物がスマホしかなく、氏名・住所などぜんぶ自分で説明しないといけないのが辛かったです。すぐには病院に連れてってくれないんですね。

 

救急医療では、血液検査、心電図、レントゲン等を取ったけど、特に緊急の問題は見つからず。胃からくる吐き気が原因とのことで、胃薬をもらって病院を去りました)。

 

原因はなんだったのか…このところ仕事がMAXに忙しく、フルパワーで数字を追っかけていたので、心当たりはあるのですが。